ブログ

ブログ

罪悪感のない夢のようなお菓子

久しぶりにゆっくりした日があったので

 

 

大好きなRaw food作りを…😍

 

 

 

その中でもオヤツとして罪悪感なく、安心して、たっっっぷり食べられる身体に良いおやつ💖

 

 

 

それがRaw sweetsです💕

 

 

 

今回はケーキを作ろうと思い立ってナッツの仕込みからスタート✨

 

 

仕込みといっても生のナッツを水に浸けるだけ✨

でも一晩は浸けないといけないのです✊(アーモンドは8時間以上、カシューナッツは2時間以上)

 

 

Rawfoodは「生」✨とにかく「生」!!

 

 

 

すべて生で作るので酵素がたっぷりで食物繊維やビタミンミネラルも豊富✨

 

 

 

スーパーフードと呼ばれる材料も混ぜたりするとより身体に良くて罪悪感がないお菓子になるのです😍

 

 

酵素が生きているので、加熱食に比べ消化するときに身体に負担がかからず、私はむしろ身体が軽くなる感覚があります💖(もちろん個人差ありますよ)

 

 

Rawfoodをたっっっぷり食べた次の日の身体の声を聞いたら病みつきになります😊😊😊

 

 

私は小さめのホールケーキを一度で半分は食べます笑

普通のケーキだったらありえないけど、食べ過ぎた時のあの、おもーい感覚…あれがないんです😊💕

スイーツを好きなだけ食べた時の罪悪感ではなく幸福感💖

これが味わえるのはRaw sweetsだけかなって思います😍

そして次の日のお通じといったら…😍

 

 

もう言い出すときりがないくらいローフードの魅力はすごいです✨✨✨

 

 

 

ただあまり馴染みがないので初めて食べる時はお口に合わない人もいるかも?

私は若い頃ローフードにハマっていて、よくヨガの先生と一緒にローフードを作ったりして遊んでいました。

ある日お土産にローブレッドをいただいてそれが美味しくて感動で地元の友達と会う機会があったのでおすそ分けしたら…

 

 

マズっ!食べれん!って言って吐き出してました笑笑

その子はマックが大好きで、市販のお菓子が主食のような女の子だったので

「あ、そうか…」

と衝撃を受けた記憶があります笑笑

 

 

 

ケーキと言ってもローケーキは卵、乳製品、小麦粉を一切使いません。

それでどうやってケーキを??って思いますよね😅

 

 

たとえばスポンジの部分となるところは浸水したナッツをブレンダーにかけ、ナッツミルクとナッツの絞りかすに分け、その絞りかすの部分にココナッツオイルやメープルなどを混ぜて固めたものだったりします。

 

 

なので初めて食べる方がケーキだ!!って思ってパクっと食べるとなんかちがーうとなるのは想像がつきます😊

 

ローフードのパスタなんかは野菜を麺状にカットしたものが使われていたり

 

ハンバーグなんかは味はお肉にものすごく近いけどキノコで作られていたりとてもユニークです💕

 

 

 

いろんなアイデアがあっていろんなメニューがありますが

 

 

 

非加熱で酵素が生きているっていうところが大事✨

 

 

100%Rawを摂り続けるのは難しいと思いますが

 

 

70%とか、いつもよりちょっとだけRaw率をあげていくだけでも身体に優しい選択です💕

 

 

 

毎日毎日休むことなく働いている胃腸の為にも

 

 

 

Rawfood生活いかがですか?💖

 

 

わかって食べるとさらに美味しい💖💖💖

 

 

 

 

今回はローチーズケーキとローストロベリーホワイトチョコケーキを試作しました🌷

 

出来上がりはまた載せますね😏

 

 

では💕

 

全部じゃないけどだいたいの材料たち💖